中元日芽香 OFFICIAL SITE

BLOG
Empathy
2019/4/30 12:49

GW真っ只中ですね。
学生さんはお休みの方が多いのかしら、
社会人の皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

職業によっては、連休こそお忙しい方もいらっしゃいますよね。サービス業とかかな。

アクティブに過ごす派も、日頃の疲れを癒す派も、どちらも有意義な時間をお過ごしてください。

心理カウンセラーとしては、連休明けの5月病が心配です(´・ω・`)お休みが長いほど心配。



カウンセラーとは、クライアントの存在を肯定し、基本的に共感する立場です。

お仕事としてお話を聞くのと、プライベートで話を聞くのでは、全然違います。

友人知人の話を聞いていて「元気になった!さすがカウンセラー!」とからかわれることがありますが、私は何もしてません。

それでも、日頃から人に話す時間って大切。元々相談される側の人間ではあります。



実際に同じ立場に立ってみないとわからないことってたくさんある。これはもう、何年も前から思っていました。

寄り添うことはできるんだけどね。なるべく理解したいし、苦しいならそれを分けてほしいって。相手が大切な人ならより、そう思うでしょう。

でも完全に「わかる」ことは本当に難しい。



「わかる」という言葉は時に安直だと感じます。

閃きの「わかった!」は別ですよ。
共感したい時に相手にかけるなら、もっと別の言葉ををチョイスしたい。

「そんなに簡単に言わないで」「誰もわかりっこない」って私がクライアントならきっと思ってしまうから。

友人なら「わかるわかる〜」を求めている時もありますし、相手が何を求めているか、察する必要があります。



カウンセラーとして話を聞いている時は私情を挟みません。だから対話の中で「わかる」なんて言わないけれど、

ただ、頭の片隅で、一人の人間として「ああ、この気持ち。私にも似たような引き出しがあるぞ」と思うことがあります。



過去に悩んだり考えたことが、今の仕事に活きて
いるなと思う時があります。

アイドルとカウンセラー。全然違う世界に感じるけれど、過去の経験が確かに活きている。

女子高生だったこともあるし、仕事も何もせず、ただ休んでいた時期もあります。

その時々で、感情の引き出しを充実させていたのだと思います。



「自分のことが好きになれない」
「本当の自分を晒け出せる人がいない」
「やらなきゃとわかっているのに身体が動かない」

他にも、部活などの組織の中でのポジションとか。学業と(部活、スポーツ、仕事)との両立とか。誰かと比べられたりすることとか。

色々なことを悩みました。

だから、同じように辛い思いをしている人がいるなら力になりたいという気持ちも、この仕事を始めた理由の一つです。

これまでの経験と・感情の引き出しがなかったら、今この歳でカウンセラーを仕事にするのはまだ厳しかったかもしれない。



一方で、私の実体験にはない事柄で悩んでいる方がいらっしゃいます。例えば、バイトや就活。

こうして色々な人のお話を聞くという仕事柄、経験しておけば良かったと、常々思います。OLさんとかやっておけばよかったかな〜とか。

カウンセラーのお仕事は話を聞くことなので、何でも対応できるし、するべきです。ただ、情景を想像するのに時間がかかってしまう。

クライアントさんや、友人から話を聞くことで、日々色々な疑似体験をしています。
私の友人はそれぞれの人生を歩んでいるので、勉強になります。






もう元号が変わります。令和になるんですね。平成最後のブログです。

令和では、皆さんが穏やかに暮らせますように。



中元 日芽香


リラックスできる場所
2019/4/10 10:44

春爛漫の美しい季節となりました。皆さんいかがお過ごしでしょうか。
私は四季の中で春が一番好きです。あたたかくて、日差しが柔らかくて。花は綺麗だし、虫はまだそんなにいないし。服も春ものが好きです。

例年と比べて桜の開花が遅かったように思います。今年は入学式でもしっかり桜が楽しめたのではないでしょうか。



新社会人の皆さん。
新しい生活がスタートして10日ほど経ちましたがいかがですか。吸収、吸収の毎日でしょうか。
同い年の多くがフレッシャーズなので話を聞きます。新しいことを沢山学んだり、同期と仲良くなろうと頑張ったりして、土日ぐったり。
心地よい疲れであることを祈っております。

新入生の皆さん。
進学おめでとうございます。
私は高校生の頃、履き慣れないローファーに苦戦しました。最初の一週間は小指に絆創膏を貼りながら頑張りました。笑
大学生の方は、社会人になる前にやっておきたい経験ができると素敵ですね。勉強も遊びも。



先日新しい年号が発表されたりして、今年の春はなんだか特別になる気がします。

特に環境が変わってない方も多いと思いますが、新たな気持ちで目の前のことに取り組めたらいいですね。
ありきたりな言葉ですが、初心を忘れないことってやっぱり大切。
適度に緊張感を持って、驕ることなく、自分を大切にしながら日々頑張っていきましょうね。



さて、お問い合わせ欄や、事前にクライアントさんからの質問として、このようなことを聞かれます。

「話す内容が他の人に聞かれたくないです」
「(家族など)には内緒で申し込みたいです」

『みなさんどのような場所でお話しされていますか?』

今日はそういった声にお答えしようと思います。



Skypeは “お好きな場所でどうぞ” システムだから、カウンセリングルームとは違ってご自身で場所を確保していただく必要があります。

誰にも言えない悩みとか。
日頃の振る舞いに疲れたとか。
力が出ない時も、力を出しすぎている時も、
人間って疲れるものです。

セッションのあいだは、とにかく頑張らないでほしい。無理して笑ったり、気を遣ったりしないで、ゆったりとした時間を過ごしてほしい。



ご自身にとって一番リラックスできる環境で受けていただくのが良いのかなと私は考えています。

落ち着ける雰囲気。香り。部屋の証明。
座り心地の良い床。好きな飲み物。
肌ざわりの良い服。

私ならブランケットが必須かな〜……



そんな環境が用意できればベストなのですが、そうもいかないんですよね。

ご家族と一緒に生活されている方。寮生活の方。
家にいても完全オフモードになれない皆さんにとって、このブログが参考になりますように。



場所は、一人暮らし&自室の他に、このようなところからアクセスいただいています。

・レンタルスペース
・ネットカフェ防音室
・野外(公園とか。周りに気をつけて…)
・オフィスの会議室
・学校の自習室
・自家用車内


あと、イヤホンをされているかな。

ご家族とお住いの方でご自宅からお話しされる場合は、早い時間をご希望されると、鉢合わせ率が低いように見受けられます。



安心できる環境の中であればあるほど、本音が言えるし、他のことを考えないでいられる。抑えていた感情が溢れ出してくる。

それが「音漏れてたらどうしよう」「誰か来たらどうしよう」というのが頭の片隅にあると、60%、80%しか話せなかったりするかもしれません。

もちろん、話したくないことまで話す必要はありません。深入りしてほしくないところに入っていこうと思っていません。

「本当はこれも言いたかったな…」といった、モニョモニョとした気持ちを残して終わるよりも
「いっぱい話した!空っぽ!」とスッキリした気持ちでぐっすり眠っていただきたいです。



「ここ数日、緊張していました」と言われることがあります。セッションに力んで臨む必要はありません。

ただ、この時間を有意義に過ごせるように。ご自身のために、なるべく良い環境を準備してあげてください。

せわしなく過ぎる時間とか、
終わらない課題とか、
意識してしまう他人の目とか、
五感のうちの、過剰に敏感な感覚とか。

貴方にとって負担となっているものから、少し距離を置いて。
全てのものから開放されて、心地よく居られる場所で。飾らない、等身大の自分に戻って。

ありのままの貴方とお話ししたいと思っています。



Skypeでお話しするための場所を探す上で、ヒントになるでしょうか( ˘ω˘ )

セッションに限ったことだけでなく、こうした場所・時間をときどき設けることって大切だと感じます。

難しいことを言っているかもしれません。一番安らげる場所が布団の上とは限りません。
それでも、「癒」を意識するだけで、毎日が少し変わってくるのではないかと思います。






しかし今年の春は気温差が大きい…
ブログを書いている今日、東京では前日比−10℃ですごく寒いです。

身体には堪えますね。自律神経の乱れは、睡眠の質の低下や、肩こり、身体のだるさなどを引き起こします。
自律神経は自分でコントロールできないので、気をつけようとしても難しいですが、疲れた時は意識的に休息を取るのが一番かなと(^^)



中元 日芽香

カウンセリング現場紹介
2019/3/18 10:26
こんにちは。
あたたかくなってきましたね。

雨の日が増えてきたのは、春がすぐそばまで来ているサインだと、お天気お姉さんが言っていました。
そして雨の翌日は花粉が多く舞う、と。

中元は幸い、耳鼻科の薬が効いているみたいで、今年はマスクで間に合っています。
花粉症の皆さん、どうかご無事でいて……


定期的に読書ブームの波が私の中で来るのですが、今、真っ最中です。

そこで思うのですが、本棚って、その人の脳内がそのまま映し出されている気がします。
だから、友人が家に来た時は、呼んでおいてこんなことを言うのは失礼な話だけれど、本棚は極力見ないでほしい。笑


そして、自分史になっている気がするのです。
この本を買った頃はこんなことを考えていたなとか。今自分はこんなことに興味があるのかとか。
幅広く色んな本を手に取るのか。それとも一つのジャンルに偏っているのか。
そのジャンルの本を何冊買ったのか。読破したのかしてないのか。納得したのかピンとこなかったのか。

あと、高さごとに並べたりして綺麗に整頓されている時期もあれば、とりあえず入れとけみたいに向きがバラバラになっている時期もあって…


本棚を眺めながら、そんなことを時々考えます。
私の部屋には、自分の背より高い本棚が置いてあります。
春が来る前に一度整理しようかな。



今日は私のカウンセリング現場の様子を少しお話ししたいと思います。

対面でのカウンセリングでは、お部屋の雰囲気や、カウンセラーの細かいところまで見えるので安心感があります。
それに比べてSkypeは、通話画面の壁面しか見えない。イマイチ現実味がない。
そこで、見えない所も含めて私の現場を知っていただいて、より安心してほしいです。


通話している部屋は、私以外の人間はいません。実際に対面で話しているのと変わらず、1対1の個室で行なっている感覚です。

もちろん話したくないことを無理に話す必要はありません。ただ、安心できる場所であることは知ってほしい。
今まで誰にも言ったことがないけれど本当は言いたい。受け止めてもらえるかな。引かないかな。そのような心配はなさらないでください。


私のサロンでは、予約サイトにも記載しているのですが実名でのご予約をお願いしています。

電話のカウンセリングは匿名でもよい所もあります。顔が見えないし、フランクに話せるという特長が電話にはあります。

この場所ではパーソナルな部分をお互いに感じて、人間味のあるやりとりをしたい。
ご自身の、その時々に必要なサービスを利用するのが良いと思います。

私は、人を疑うことが得意ではありません。
それで損をすることも時にはありますが、それでも相手を信じるのは悪くないって思っています。
この気持ち、共有したいです(^^)



セッション中は、アナログですが紙のカルテにペンでさらさら〜っとメモ書きをしています。
お話を整理することで見えてくるものがあるからです。次回以降お会いすることがあるなら、そのセッションで使用する目的もあります。

どうしても記録に残して欲しくないという場合は、実施後、適切な方法で処分します。
それも戸惑いを感じる場合は教えてください。とにかくクライアントさんにとってやりやすい形を取りたいです。


お仕事前と寝る前、7分くらい瞑想をします。最近の習慣です。


私、頭の中がすごく忙しい人間なんです。考え事が次々と浮かんできて、忘れたらもったいないからすぐメモするのが日常。
普段はそれで良いのですが、集中したい時やリラックスしたい時は、一旦リセットするようにしています。気持ちが落ち着きます。
頭の中が忙しい人には瞑想おススメですよ。


直前の10分間は、事前にヒアリングした情報を基に作成したカルテを確認したり、好きな香りを嗅いだり、クッション触ったりしています。

お1人終わってから次のセッションまでは、その日お話ししたことを紙にまとめて、それから甘いものや軽食をとって、仮眠を取ることもあります。

そんな感じ!
少しでもリアリティを感じていただけると、安心してお話しできるかなと思って書きました(^0^)


やだ、写真がない。
春のお花というわけではないけれど、私の一番好きなマーガレットの写真でも貼っておこうかしら。




お花か〜
育てるの苦手だし、あまり興味ない派の人間なのだけれど、こうして貼ってみると、やはり画面が華やぐのを感じます。

部屋に観葉植物を置くことを母に勧められ、枯れにくい緑を置いてます。背の高い鉢に入れて。水やりは月2回でいいんだそう。


中元 日芽香
懐古
2019/3/05 14:27

小学2年生の時の話です。

冬休み明け、3学期始業式後のホームルーム。
担任の先生がこんなことを言いました。

「『行く(1月)・逃げる(2月)・去る(3月)』であっという間に3学期終わりますよ〜」

8才のひめかちゃんにはすごくショックだったのか、未だにこの時期になると思い出します。
今思えば、上手いこと言っているような、そうでもないような。

今年はどんな3月を過ごしましょう。



こんにちは、中元です。

お仕事のルーティンがある程度固まってきたので、現場の雰囲気を伝えよう!

と思いブログを書き始めたのですが、
その前にご挨拶を綴っていたら長くなったので、それはまた別の機会に。



カウンセリングサロンをオープンして3ヶ月が経ちました。幸せなことに、とても平和なスタートを切ることができました。

お会いしたクライアントさんは100名を超えました。勇気を出してご予約してくださった方も、中にはいらっしゃったと思います。

カウンセリングに興味を持ってくださった方。
私を信頼してくれている事務所のスタッフ。
応援してくれている友人・家族。

皆さん、本当にありがとうございます。



実際に対面した方とは、いろんな感情を共有しました。不安、疲れ、悔しさやもどかしさ。言葉にならないモヤモヤ。

そのようなお話を聞いていると、いつも頑張っていらっしゃるんだなぁと。
そのままゴミ箱が空っぽになるまで吐き出して、いらない荷物を少しでも軽くしてほしいと思います。

安らぎを分けていただくこともあります。終わる時のスッキリとされた表情や、セッション後の嬉しいお言葉。
その一つ一つが私の励みになります。



最初の3ヶ月って一つの区切りな気がします。
スタートした時のキラキラ感が薄れてくる時期。

質の良いオープニングを迎えられたことを、これから活動していく上での自信に変えて。

しかし変わらず気を引き締めて。
心地良い緊張感を持って。
常に勉強する姿勢を休めないで。

始めてSkypeの赤い受話器のアイコンを押した時の、あの新鮮な気持ちをいつまでも忘れないでいたいと思います。



クライアントさんとお話ししながら、私自身が気づかされることがたくさんあります。

なぜこのお仕事を始めたのか。
これからカウンセラーとして、どんなことを実現したいのか。
以前の私と今の私、何が変わったのか。



言葉って凄いパワーを持ってる。

たった一言が、表情を、行動を、考え方を変えるきっかけをくれることがある。笑顔になったり、涙を流したり、感情を揺さぶる力がある。

この感情なんて表現したらいいんだろうって悔しくなる場面が時々あります。お仕事でもプライベートでも。

私がもっと言葉を知っていたら、目の前の相手に正確に伝えられたのに。
声のトーンや、表情で、おそらくニュアンスは伝わってる。それでもいいと思うけれど。

でも、より正確に伝えたい。



だからたくさん勉強しよう。
もっと豊かな人間になりたい。

そんなことを考える日々です。



事務所の後輩が、最近連絡をくれました。嬉しいものですね。前向きな近況報告をしてくれて、先輩、奮起されました。

私は考え事をするのが好きなのですが、彼女もまた考え事をするのが好きだと思う。

どうか彼女の頭の中が、楽しい・前向きな考えでいっぱいだったらいいな。

基本的に過去は振り返らない人間なんだけれど、少しの時間だけ思い出に浸ってみました。

温かい気持ちにさせてくれてありがとう。






中元 日芽香

お仕事の話
2019/2/16 19:08

こんにちは、中元です。

寒暖差が大きいと体調管理が難しいですね。着るものも難しい。皆さんいかがお過ごしでしょうか。

私はもう少ししたらやってくる花粉シーズンを想像して今からゾワッとしてます。



「ブログ読んでカウンセリング申し込んでみました」「中元さんの考え方好きです」

そのような言葉を、クライアントさんから時々いただきます。それを聞くたび、ブログ書かなきゃな〜といつも思っています。

書き出したら長くなっちゃうんだよね( ˘ω˘ )
でも文章を書くことは好きです。



就活中・転職活動中のクライアントさんとお話する中で、私の実体験を聞かれることがあります。

確かに、私も一社会人として働いています。社会人になって7年半ほど経ちました。
そして引退?転身?を経て今に至ります。

貴重なお時間を頂戴して、セッション中に私の話をするのはもったいないと思うので、ブログに書いておきたいと思います。



◎何故アイドルになったのですか?

歌とダンスという趣味が高じて、です。

15才の私にとって、また少々特殊な世界ということもあり、社会人になった!という感じはこの時は全然なかったです。(社会人?だよね一応。)

お仕事として認識したのは…そうですね、高校2年生とかくらいですかね。



◎何故カウンセラーの仕事に就こうと思ったんですか?

私自身、カウンセリングを受けた経験があります(詳しい経緯は省略します)。
2時間ほどお話したのですが、とても救われたのです。なんだか心がスッとしました。

カウンセラーって素敵だなと思ったし、話を聞いてくれる人がいるってだけで心強い。安心する。そんなことを、身をもって感じました。

「憧れ」「ときめき」みたいなものを感じたのが理由です。答えになってるかな。



◎前の仕事を辞めてから次の仕事を始めるまで、何をして過ごしていましたか?焦りませんでしたか?

まずは意識的に身体を休ませました。ある程度元気になってから、お勉強したり、次のお仕事のことを考えるようにしました。

「今まで頑張ってきたご褒美休暇」と捉えることができるようになると、自然と平穏な時間を過ごせました。

当時の私にそんな発想はありませんでしたが、あたたかい言葉をかけてくれた周りの人たちのおかげで前向きになりました。



◎アイドルとカウンセラーは全然違うジャンルの仕事ですが、前の仕事で培ったスキルを活かした業種に就こうと考えなかったのですか?

私は芸能界に強いこだわりはなかったので、次にやりたいこと見つけたら、そのステージに進もうと考えていました。

業種は違えど、前のお仕事で学んだことが活きていると感じる場面はあります。一番は、たくさんの成功や挫折を経験したことです。

あの時の大きな成功体験は私の自信になっているし、悔しい思いをしたから今クライアントさんの話にとても共感できます。



セッションでは、クライアントさんの話を聞いて、整理したり、いろんな引き出しを開けたりしながら一緒に考えます。

私は就活アドバイザーやコンサルタントではないので「こうしたらいいよ!」と言うことはしません。

ただ、やりたいことがありながら、はじめの一歩を踏み出す勇気が持てない人がいるなら、その背中をそっと押したい。

自分は何がしたいんだろう。どんな生き方をしたいんだろう。そうお考えの人には、ご自身と向き合うお手伝いをしたい。

そう思っています。



周りの色々な人たちのお話を聞いてみる中で、何か発見があるのではないでしょうか。

私は異業種の人たちに、仕事内容とか、やりがいとか、大変なこととか。
色んな話を聞くの好きですよ(^0^)



うーん、写真がない。

こんな時はとりあえずモニちゃんです。
今年に入ってから、ちょんまげを切りました。


「モニちゃんのお仕事はお散歩することだよね」なんて話を彼女にします。

来客があった際は、幼稚園バッグの中にビスコを入れたりしておもてなししてくれます。



中元 日芽香

成人おめでとう。センターお疲れ様です。
2019/1/24 01:04

こんにちは。中元です。

カウンセリングを初めてから、お会いしたクライアントさんは50名を超えました。

いつも皆さんのあたたかいお気持ちに、励まされ、奮起され、癒されます。本当にありがとうございます。

これからの出会いも、とても楽しみです^^



カウンセリングには様々な形があります。

地域に特化していたり。とある悩みのジャンルに特化していたり。特定のターゲット層にアプローチしていたり。

私は「Skypeを介して」行うスタンスなので、年齢・お住まいの地域・悩みの種類。クライアントさん、いろんな背景をお持ちです。

たくさんの方の人生に触れます。皆さん様々な環境で頑張っている。もっといろんな世界を知りたいし、その全てを受け止めたい。

前のブログでも言ったけれど。
きっとこれからもたくさん言うけれど。

本当に素敵なお仕事だなと日々感じます。



サラリーマン川柳、毎年楽しみにしてます。
今年も100選が発表されましたね。昨夜、寝る前に全部読みました!

そして私は大学生らしく、期末試験や課題など色々取り組んでいる真っ最中です。



インフルエンザが猛威を奮っているという報道を連日耳にします。
予防接種打った人も安心できないんだとか。

風邪なども流行っているようなので、くれぐれもご自愛ください。




このコースターは親戚からもらったもので、すごく気に入ってます^^

ハリネズミがポイントなんだけれど、これ、


簡単に取れる!パッチンで付いてます


時々遊んだり。失くさないようにしなきゃ。



中元 日芽香
あけましておめでとうございます
2019/1/09 17:50

今年もよろしくお願いします。
皆さまにとって素敵な一年になりますように。

お正月休みが終わり、通勤通学その他諸々、いつもの生活が始まりましたね。「モニカと私」では昨日が年明け最初のセッションでした。

受験を控えている学生さん。防寒をしっかりして、時々は休息をしながら、最後までご自身のペースで走り切ってください。

世の大人たちは受験生の味方ですよ^^



カウンセラーとして活動を始めて2ヶ月経ちます。

座学ではわからないことってやっぱりある。言葉では言い表せないものを日々吸収です。あっという間なようで、でも確かな時間を過ごしました。

アクションを起こすことの大切さが昨年一番の収穫でした。今年は何が獲れるかな。



テレビ通話だから感覚がないけれど、聞けば日本全国、様々なところからアクセスしていただいています。方言で気がつきます。

カウンセリングルームというと、ハードルが高いものに感じるという声を聞きます。

Skypeならおうちにいながら、いつも使っているスマホやPCで手軽にアクセスできるカジュアルさがいいな、と思いました。

お話して、終わって疲れたらそのままお布団にコロンっと横になれるのが心地よいですね。



「カウンセラー」として活動する上で、私が過去に経験した「アイドル」という看板はどのような見え方をするのか気になっていました。

『中元さんの人柄を知っているからこそ話を聞いてもらいたい』
『人見知りだから初めて会う人に話をするのは苦手だけれど、中元さんなら話せそう』

そんなふうに言ってくださるクライアントさんがいらっしゃいます。今の私だからできることなのだと、皆さんの声で気がつきました。



『悩んでいて、検索したらこのカウンセリングサロンが出てきました』
『最近中元さんの存在を知って、お話を聞いてほしいと思いました』

という方もいらっしゃいます。「すみませんアイドル時代のことはよく知らないんです」なんて、とんでもない。とても嬉しいです。

このお仕事を始めたからこそ出会えた人がたくさんいます。これから出会う人もきっといます。
一人ひとりと向き合いたい。そう思っています。



『周りから見たら小さな悩みかもしれませんが』
『こんな私がカウンセリングを受けてもいいのでしょうか…』

そのような方もいらっしゃいます。
私は、ご家族やご友人とは違うからこそできるサポートがあるのではないかと考えています。

今まで気づかなかった何かを見つけたり、カウンセリングのイメージが変わりました!とスッキリされた顔になります。



話すことが得意ではないので、ちゃんと話せるか不安です、と始まる前におっしゃる方は時々いらっしゃいます。

そんな方々が、心の内をお話していただく時は、リラックスしてくださっているのかなと感じます。私まで心が穏やかになります。

今まで誰にも言えなかったことを、勇気を出して話してくださる方は、緊張が伝わってきます。

何としても力になりたい。この気持ち、どうやって表現したら良いだろう、と頭の中をグルグルさせます。



終わる頃には表情が柔らかくなっていたり、後日メールで嬉しい感想をいただいたり。

「なんて素敵なお仕事なんだろう」と感じる場面がものすごくあります。

だからもっと頼もしい存在になりたい。
色々勉強して、色々経験して、色々挑戦して。
もっと深みのある人間になりたい。です。



2019年、いくつか目標を掲げています。

そのうちの一つは、新しいジャンルで勉強してることがあります。趣味で始めたことですが、将来何らかの形で活かせたらいいな。

今はやりたいことが多すぎて、時間が足りなくて焦っている。あれもこれもやりたい。

でも追われているとか、せかせかしてるというよりは、一つ一つ楽しんで日々取り組んでいます。スキマ時間の使い方が上手になりました。





セッションする机の隅に、こんなものを置いています。好きな香りのアロマオイル。

香りに癒されて、それから通話発信します。


中元 日芽香
サイトメンテナンスのお知らせ
2018/12/23 18:34

中元です。

私このブログの他SNSをやっていないため、短い文章で申し訳ありませんが取り急ぎ。



昨日夜から、メンテナンスのため予約サイトを一時クローズさせていただいております。

皆様にはご迷惑をお掛けしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。

メンテナンスが終わり次第ご予約の受付を再開しますので、今しばらくお待ちください。年内には再開できるかと思います。



セッションは通常通り行いますので、25日27日、実施日を楽しみにしております(^0^)



愛犬のモニカちゃんです
メリークリスマス!



中元 日芽香

カウンセリング始まりました
2018/12/04 00:10

中元です。
皆さんいかがお過ごしでしょうか。

12月ですね。今年はあまりあっという間感がないというか、その時その時を噛み締めながら、大事に過ごせたような気がします。

あっ、声が枯れるような風邪を何度か引いたのは良くなかったかな。

皆さん風邪など引かないよう、夜はあたたかくして下さいね。あと予防のマスクとかね。
私は意識的にビタミン摂るようにしてます。



さて、
カウンセリング始まりました!

連日たくさんの方にお申込みいただいています。ありがとうございます。このような場所、やっぱり求められているのかな。

現在ご予約が取りにくい状況で、ご迷惑をおかけしております。ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。



ご予約状況を拝見すると、学生さんが多い印象です。同世代ということで頼りにしていただけるのかな。
もちろん大人の方にも気軽に利用していただきたいです。

すでにセッションを終えたクライアントさんからは嬉しいお声をいただいています。いつか機会があったらご紹介したいな。



大きなこと小さなこと、不安要素が色々とありましたが、無事スタートできて安心しています。何事も立ち上げるのには体力がいりますね。

まだ何も始まっていない段階から、絶対実現するって確信があったんです、なぜか。できたらいいなじゃなくて、今年中に始められるって。

そして本当に形になりました。

最初から最後まで一人で全部やるという経験は始めて。私にとって2018年は大事な一年になりました。



今の気持ち、ずっと持ち続けなきゃ。

新しいことを始める方、始めたばかりの方、一緒に頑張りましょうね!



こんな環境でお話を聞いています。
画面越しのシルエットはどうぞお気になさらず。




中元 日芽香
ご挨拶
2018/11/20 17:30

 

はじめまして。

 

この度、公式HPを開設しました。

これから心理カウンセラーとして活動します。

中元 日芽香(なかもとひめか)です。

 

 

 

昨年まで乃木坂46の一員としてアイドル活動をしていましたので、私のことをご存知の方もいらっしゃると思います。

 

卒業から一年。次にやりたいことを見つけて、一から勉強し、形になりました。

こうしてお知らせすることができて、まずはほっとしています。

 

 

 

悩んでる人たちにそっと寄り添う存在になりたい。それから、メンタルヘルスの正しい知識をもっとたくさんの方に知ってもらいたい。

 

贅沢ですが、今の私ならどちらの望みも実現できるのではないか?そう思ったのです。

 

アイドルとして、メディアに出演したり誰かに楽しんでもらうお仕事を経験しました。誰もができることではないと思っています。私の財産です。

 

そして、若いカウンセラーはあまり聞きません。22歳の私だからこそ応えられることがあると思います。必要としてくれる人が必ずいると信じています。

 

 

 

いずれは専門分野を絞って、それに特化したセッションを行うようになりたいと考えています。

 

今の私にできるのは「入口」になること。

カウンセリングに興味を持ってもらう、体験してもらう。 そうやって広めていきたい。

 

 

 

カウンセリングが必要なのは、必ずしも精神疾患を患っている方だけとは限りません。

 

漠然としたモヤモヤを言葉にすることで、自分はこんな不満を抱えていたんだという気づきがあるかもしれません。

 

ちゃんと向き合っていきたいと感じたら、本格的な各機関に頼るもよし。必要としている家族や友人に勧めるもよし。

カウンセリングというと抵抗のある方がまだまだいらっしゃると思います。カウンセリングに対する先入観を少しでも良い方向に変えられたらいいなと。

 

 

 

ストレスは精神疾患だけでなく、生活習慣病などあらゆる病の一因となり得ます。

 

食習慣や運動に気をつけるように、ストレス対策も積極的に取り組む世の中になったら素敵だなと考えています。

 

 

 

セッションしながら、カウンセラーという存在を知ってもらう活動を行いながら、時々こうして文章を綴る。

 

そんな日々を送りたいと思っています。

 

 

 

 

 

中元 日芽香